ホームページを公開しました

リバースモーゲージカウンセラーのホームページ公開

近年わが国では、少子・高齢化に進行に伴い、老後の生活を支える公的年金の制度、給付内容の見直しが行われています。将来において、公的年金の役割が「老後の豊かな生活の保障」から「必要最低限の生活水準の保証」へと変わっていく可能性があります。国民は、老後に豊かな生活を送るために、公的年金を補完するための有力な手段を個人的に確保しなければならなくなります。

そのような手段の1つとして、自宅に住み続けながらその自宅(建物+土地)を担保として融資を受け、融資期間終了時に担保不動産の処分によって融資金を一括返済するリバースモーゲージの制度が、最近わが国で注目されつつあります。ある金融機関では、前年同月比20%の伸びを示しています。また、住宅販売業者・リフォーム会社・保険会社・介護サービス会社等は営業戦略の一つとしこの金融商品を利用しています。

リバースモーゲージは利用者に融資を行う事業でありますが、実際には単なる融資業務にとどまらず、様々な機能の組み合わせなくしては成立し得ない事業であります。

このリバースモーゲージは複雑な制度であり、かつ利用者は高年齢であるため、中立的な第三者の立場にあるリバースモーゲージ・カウンセラーがリバースモーゲージを利用とする高齢者に十分な情報提供を行うことが不可欠であります。特に、リバースモーゲージにはメリットだけでなくデメリットもあるということを認識させることにより、高齢者が自らの老後の生活を支える手段としてリバースモーゲージを利用するかどうかを決断できるよう、適切なアドバイスを行うことが必要です。

このような背景から、一般社団法人 日本不動産取引適正評価機構がリバースモーゲージ・カウンセラーの資格制度を創設いたしました。